年齢を重ねるにつれ、肌のたるみが気になるようになります

フェイスリフトでたるみとおさらば

フェイスリフトは顔のお肌のたるみを解消するために有効な方法で、麻酔をかけてから皮膚の一部をメスで切開して引き上げてから再び縫合します。
手術時間は簡素な場合で約1時間から2時間程度、複雑なもので3時間から4時間程度かかるものがありますが、その後はお肌や縫合した箇所が落ち着くまで暫くの間腫れてしまったり、メイクや入浴を控えることが推奨されるダウンタイムがあります。
術後の状態をより良くするためにも、医師からの指示には従いたいところです。

フェイスリフトのダウンタイムはどのくらい?

フェイスリフトのダウンタイムはどのくらい? フェイスリフトの手術後のダウンタイムの期間は、手術方法や個人差によって異なります。
メスを入れずに自然に身体に吸収される糸を使ったタイプのフェイスリフトの手術の場合はダウンタイムが無いものもあり、翌日にはシャワーやメイクも可能なだけではなく抜糸の必要も無いためその後の通院も必要ありません。
首から頬、額など大規模な手術を行うトータルフェイスリフトでは総合的に優れた効果を発揮する一方で、ダウンタイムが7日から10日程度に設定されており、概ね術後4日前後に施術箇所に腫れが出ることがあります。
また、施術翌日にはシャワーが可能ですが、メイクは5日程度経過するまで禁止されているだけではなく、複数回にわたり抜糸のために通院する必要があります。

フェイスリフトの施術方法によるの回復時間の違いについて

フェイスリフトの施術方法によるの回復時間の違いについて 加齢につれて頬のたるみが気になってくることがあります。
頬がたるむと一気に老けた印象を与えてしまうので、上に引き上げて見た目を大きく若返らせることが出来るフェイスリフトは特に女性に大人気の美容術です。
美容外科で行うフェイスリフトには切る方法の他にも糸や鍼によるものがあり、それぞれ金額や施術時間、回復時間や効果持続期間も変わってきます。
切る外科的手術は最もメジャーでフェイスリフトの代表ともいえ、金額は高額ですが一番効果が高い方法です。
耳の前辺りを切って引っ張り上げてから再び縫い合わせるので傷跡はもちろん、術後の痛みや赤み炎症がおこり回復までには1カ月以上の期間が必要です。
とげのある糸を皮下に挿入して物理的に皮膚を持ち上げるフェイスリフトは切る方法に比べて身体への負担は小さいものの、痛みは起こりますし効果が思ったほど実感できないこともあります。
しかしだインタイムは比較的短くてすみます。
金の糸と呼ばれる方法は物理的に持ち上げるのではなく皮下に挿入した糸の周りにコラーゲンが生成されることで結果肌が若く再生するものです。
効果が出るまでに時間はかかりますが施術が簡単で痛みが少ないのでダウンタイムは少なくなります。

新着情報

◎2018/12/27

サイト公開しました

「ダウンタイム 期間」
に関連するツイート
Twitter